それでも私がランサーズを続ける理由

シェアする

こんばんは、ももんがです!
毎日続けるって言ったくせにそっこー更新が途絶えて「あーあやっぱりね」って思ってたでしょ!?

ほんと、だめですねえ。
今度こそ、今日から連続更新記録更新を頑張る!!(この日本語……)

※イメージ画像です

さて、今日はランサーズのお話。
私がランサーズに登録してから気付けばもう6年。

今はランサーズ外のクライアント様から直接契約いただいている案件ばかりになり、ランサーズの占める割合は5%くらいになってしまいました。

それでもランサーズはちょくちょく覗いていますし、ご指名いただければお仕事もします。
ランサーズは手数料を取られるからもったいないのになんで続けるの?って思いますよね。
そこで、今回は私がランサーズを細々と続けている理由をお話ししたいと思います。

ランサーズはすぐお金がもらえる!!!

現在ランサーズメインでやっている方は「は?月に2回しか口座に入金しないから仕事終わってから1ヶ月近く口座に入金されないよ?」って言いたくなったと思います。

私もほぼランサーズだけでやっていた時はそう思っていました。

「クライアントさんは払ってくれてるのに私のところに来るのは半月後かあ」って。

でもね、直契約をいただくようになってから、そのありがたさを今更ながら深く噛み締めております。

ランサーズの報酬の支払いは月に2回、15日と月末です。
締めも15日と月末。
15日に締めた分は月末に支払われ、月末に締めた分は15日に支払われます。

つまり、10日にお仕事が終わり支払い完了したものは月末に支払われるのです。

これってね、本当にありがたいことなんですよ!!!
普通のクライアントさんですごく条件が良い方だと「月末締め10日払い」です。
ごく稀に末締め3日払いっていう神様みたいな方もいます。

でも、企業案件はだいたい長い。
私がお付き合いしている法律事務所は2箇所とも「末締め翌月末払い」。
つまり、2月3日に納品したお仕事の支払いは3月末なんですよ。

2ヶ月ですよ2ヶ月!!
会社間の取引であれば当たり前なのかもしれませんが、ランサーズで慣れていたら死ぬほど遠い。
月末にまとめて入金されるお金は、いつ働いたものかもよくわからない。

「今見ているあの星の光は1万年前の光だよ」って言われているような気分です。

でもランサーズなら最短2週間。長くても1ヶ月。
働いた分がすぐに入ってくるからモチベーションも維持できます。

ランサーズはフリーランスの労働基準監督署

ランサーズって、フリーランスにとっては労働基準監督署のような存在だと思うんです。
クライアントさんが、支払ってくれなければ督促してくれますし、それでも音沙汰がなければエスクローしている分は強制的に決済してくれます。

怪しいマルチ商法のお誘いメールが来ないようにパトロールもしてくれています。もちろん、すべてのトラブルが回避できるわけではありませんが、ランサーズを介していることでフリーランスが直面しがちな多くのトラブルを避けられるんです。

ランサーズは私の雇用保険

フリーランスには、雇用保険なんてあるわけもなく、案件が切れたらそこですぐ収入が途絶えます。

「ももんがさん、申し訳ありませんが来月から案件が半減してしまいます」

これは何度言われたかわかりません。言ってくれるならまだいい方。予定していたのに発注どころか連絡が来ないことだって日常茶飯事。

「30万円分消……これから営業……しな……きゃ……」

メンタルはどん底ですね。

「もう1つ案件吹っ飛んだら、家賃等の固定費抜きで数万円しか残らないよ……夜逃げかな……」

みたいなことを考え始めて、仕事が手につかなくなります。
ぶっちゃけ今だって来月の予定なんてさっぱりわかりません。

「きっとみんなお仕事くれるんだろうな」と思っているものの、絶対にいただけるとは限らない。

でもランサーズを細々とでも続けていたら、案件が激減してもすぐにリカバリーできるんです。
ランサーズには常に多くの案件が募集されています。そしてさっきお話ししたように、書いた分は最長でも1ヶ月もあれば振り込まれます。

だから、いざという時には本当に助かるんです。
ランサーズで提案爆弾をすれば、必ずと言い切れませんが高い確率でお仕事はいただけます。

6年のキャリアがありますので実績数も多め。クライアントさんに選んでいただきやすいんです。

ランサーズは請求書発行も売掛管理もほぼ不要

クライアントさんと直接取引をしている場合、月末の請求書発行は必須です。

『「これだけ頑張ったんだ」って達成感を噛み締めながら請求書を作る時間がたまらないんです』

って言えればいいんですが、実際は「納期があああああ今日が終わるうううう」って瀕死になりながら仕事の合間に作っています。


そうならないように月初からちゃんと働こうよって??
私もそう思います。今月はちゃんと頑張る。

でも、ランサーズは一部のクライアントさんを除いては請求書の発行は不要。
そして、売掛金の管理も必要ありません。
いくら源泉されているかも、いくら稼いだかも一目瞭然だから確定申告も超絶楽なんですよ。

ランサーズとはきっとこれからも繋がり続ける

今は、直契約の法人クライアントさんがメインですが、また時の流れとともにクライアントさんも変わっていくと思います。

ウェブライター業界にもトレンドがあってお金が集中的に集まる分野が、コロコロ変わるんです。あ、私が勝手にそう思ってるだけです。

でもなんとなくそれを察知してトレンドの分野に飛びついてここまで生き残ってきました。
トレンドを察知するだから、その流れによってはまたランサーズでがっつり稼ぐこともあると思います。

ランサーズのプロジェクトやタスク一覧を眺めることで「ほほう、今このジャンルにお金が集まってるのね」ってわかりやすいですし。

何よりもランサーズがあるから、外で挑戦できるんですよね。
これがダメでもランサーズで頑張れるから攻めてみようって。

もちろんランサーズでお仕事をもらうことは簡単じゃありませんが、全く人脈も経験もないお外の世界よりも、お仕事を見つけやすく、ご依頼していただきやすいのは確かです。

だから、今でも細々とランサーズでのお仕事は継続しています。
プロジェクトに提案することはなくなりましたが、直接お声かけいただいたもので、単価が合えばお請けしています。

ランサーズの手数料20%って、「50万円稼いだのに40万円しかもらえない!!!!」って悲しくなることもありますが、こんな感じの安心と安定を与えてもらっていると思うと高いものではないと思います。

なんでこんな話を始めたかというと、月曜日にとある法人様と業務委託契約についてお話しすることになっていて、すごく緊張しているからです。

私がお仕事をさせていただくなんて申し訳ないくらいのお相手で、契約なんてしてもらえないのではと思い超絶弱気。

ダメでもともとと思っていますが、なんとかうまくいきますように……。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!!