うなぎに恋するももんが

シェアする

こんばんは!ももんがです!

日付が変わったから3月最初のブログも書いちゃいます。

今日のお話はうなぎと私のお話。
うなぎっておいしいですよね!!!

私がうなぎのおいしさに目覚めたのは去年の6月。

ももんが東京巡り6月&7月編

こちらに初めてちゃんと食べたうなぎのお話を書いてあります。
でも私のうなぎ愛はこれだけでは足りない!

うなぎと私のお話をもっとちゃんとお話したいと思います。

淡水魚は臭くてまずいという偏見

私の育ちは山口県下関市。
海の幸がとっても美味しい街です。

海沿いの町に住んでいた人はわかると思うんですけど、淡水魚に浅からぬ偏見がありますよね!!?

「くさそう」

「泥の味がしそう」

「不味そう」

「不衛生そう」

こんなこと書くと怒られるかもしれませんけど、去年の6月まで本気でそう思っていました。
だって海の魚は塩で消毒されている感じがするし、どれもこれもおいしいけど川の魚は淀んだ淡水の中に住んでいるんですよ?

塩で消毒されてないし、泥ばかり食べて泥の味が体に染み付いていそうです。
昔、掲示板に高級うなぎの写真をアップした人に「まずそう」「泥臭そう」という暴言を投げつけたこともありましたね。

実際、小さいときにスーパーのうなぎを食べたことはありますが、基本タレの味しかしませんよね。
こってりしたタレに包まれているので、お魚の味はよくわかりません。
前も書きましたが、ブリやサバのほうが数倍美味しいです。

私の体を通り過ぎたうなぎたち

でも、東京に来てスカイツリーのそらまちで高級うなぎを食べてから、私のうなぎに対する考えた180度変わりました。

ふっくらと柔らかくお上品な身。香ばしいタレ。

……。
すみません。私ライターなんですが美味しい食べ物を表現する能力が欠如しています。

まあとにかくおいしいんです!!!
ふわふわでおいしい!!!

お店でも食べるし、UBEREATSでオーダーしておうちでも食べます。

見ているだけでまた食べたくなっちゃいますね。

うな重やうな丼だけでなく、うざくやうまきもおいしい!

うざくは、酢の物みたいな味と聞いていたので「うなぎに酢?うなぎの無駄遣いじゃないの??」って内心思ってました。

でもね、食べたらふわっと温かいうなぎと酢が……

とにかくおいしいんです!!!

ここだけで何回おいしいって書いたんでしょうね。
グルメ系記事も書きたいななんて思ってましたけど、これじゃあどのメディアにも書かせてもらえません。

でもおいしいんだもん!!

「ご飯が見えてる」と娘に泣かれて我に返る

私の中でうなぎは「うどんにする?うなぎにする?」っていうほど日常の食事の選択肢になっておりました。

毎週食べるなんて贅沢なことは言いませんが、月に1度は必ず食べてました。
一生分のうなぎを取り戻しそうと体がうなぎを欲していたんだと思います。

ところが先日横浜に行った時、そごうの上にあるうなぎ屋さんで子供うな重を注文したところ長女が号泣したんです。

「〇〇のうなぎ少ない!!!ご飯が見えてる!!」

「!!!!」

東京に来てうなぎを初めて食べた長女。
好き嫌いが超絶多くてほとんど決まってものしか食べられないのに、うなぎは一口食べたら気に入って大好物になっていました。

これまでうなぎでご飯が見えなくなるうな重しか食べたことがなかったので、1枚だけうなぎが乗ってご飯が丸見えだったことにショックが隠せなかったようです。

悲しそうに肩を震わせる長女を見ながら「このまま育ったらおフランスざます」みたいな子供になっちゃうって怯えました。

それは困ります。
「明神下のうなぎしか認められないざます」なんていう女子高生になって欲しくありません。

相変わらずうなぎは大好きだけど、うなぎの頻度は落とそうと心に誓いました。
おいしいうなぎは特別な時だけ。

次にうなぎを食べるときは月収100万円を奪還したときです。
頑張れ私。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
たった1600文字の中に「おいしい」を9回も使っちゃいましたよ!ライター失格ですね!