私と子どもとお片付け

シェアする

超超超超お久しぶりです、ももんがです!!
久しぶりにももんがブログを見に行ったところこんなに更新していないのに、訪れてくれている人がいて嬉しい気分になり書きたくなりました。

最近は書くといえばもっぱらお仕事だけだったので、自分のことを書くのは久しぶり。
今回は、我が家で大問題となっているお片づけについてお話したいと思います。

お子さんが片付けなくて困っている方、このブログを読んで片付けてくれるようになる方法を教えてください(笑)

地獄のように散らかる子供部屋

我が家には6歳と3歳の娘がいます。彼女たちはおもちゃで遊ぶのが大好き。散らかすのも大好き。
次から次へとおもちゃを出して、1日放置しておくとこんな感じの地獄状態になります。

電気スタンドにぶら下がってるクレーン状の工作物はなんでしょうか(笑)

丸1日出かけずに家にいるとこんな感じになります。「1つの遊びが終わったら片付けようね」と言っても、彼女たちの遊びは無限大。

ブロックと積み木と粘土とお人形とシルバニアを組み合わせて壮大な物語を構築しているので、「終わったら」という概念はないんですね。

この状態で3日も遊び続けたらさらに酷い地獄になります。

約束の期間までに片付けなかったおもちゃを袋に詰めた結果

前は私が寝る前に、全て綺麗に片付けていました。でも長女はもうすぐ1年生。そろそろ自分で片付けてもいいのではと思い、子どもたちに全てを委ねてみることにしました。

「土曜日までにお片付けしないと、片付けられなかったものはゴミ袋にしまって、しばらく遊べなくなるよ」

子供達は大慌てです。
でも、片付けながら遊んだりぼーっとしたりして結局このありさま。

たった1週間で45リットルゴミ袋2袋分も、片付けられないおもちゃが袋詰めされました。
詰めている間二人とも大泣きです。

「今度は絶対片付けるから」

涙を目にいっぱいためて誓います。

「じゃあ来週の土曜日にお部屋が綺麗になっていたらこのおもちゃたちは返してあげるね。でも、汚かったらこのおもちゃは捨てる上に、ちらかってるおもちゃも捨てるよ」

子供たちは「絶対片付ける!!」と宣言しました。

片付けられなかったらおもちゃを捨てることを宣告

そして翌週の土曜日です。
土曜日になるまで私は毎日片付けないと捨てることになるんだよ、毎日片付ければ楽だよ、と言い続けました。

でもダメでしたね。
「残り15分だよ!」とタイマーをセットしたのにぼんやりする始末。

それでもかなり綺麗になったのですが、ゴミ袋1袋分の片付けられないおもちゃが発生しました。

「頑張ったから、先週袋に詰めた分はもう1週間取っておくけど、今日出てる分は捨てるよ」

そういって無慈悲におもちゃを袋に詰めます。私でも思い出が詰まっているなと感じるおもちゃがたくさん。

子どもたちはとんでもなく号泣です。
「片付けるから!ごめんなさい!」と体を震わせながら叫んでいました。

それから2日、我が家の子供部屋は綺麗な状態を維持できています。でも、育児中の友人の話を聞く限り、「子どもが自分で片付けるようになるなんて小学校4年生以上だよ」という話。

これからも我が家のお片付け闘争は続きそうです。

そういえば30年近く私も汚部屋の住人だった

「毎日片付ければ楽なのに、なんでぐちゃぐちゃにするんだろう。コツコツやれば大変じゃないのに」

って考えてましたが、ふと思い返すと私も超絶片付けられない人間でした。
子どもが生まれてからまともになりましたが、それまでは部屋がカオスな状態でも気になりませんでしたし、タンスの中もぐちゃぐちゃ。

昔お付き合いしていた人にもなんども叱られました。叱られたら「そうだよね、汚くしてごめんなさい」って言いながら片付けるのですが、内心は「別に汚いと思ってないし、汚いって思うなら自分でやればいいじゃん」って思ってたくらいです。

でも、子どもが生まれてからなぜか片付けられるようになりました。今でも、ビンや缶、段ボールを捨てるのは苦手ですが、当時に比べれば神様のように毎日お片付けとお掃除ができるようになっています。
(それでも人並み以下だとは思います)

その経験をもとに子どもたちの現状を考えた時「私が30年近くできなかったことが3歳や6歳の娘たちにできるわけない」って思っちゃうんですよね。

だって、地獄のように散らかっていてもちっとも不快じゃないし、むしろいろんなおもちゃがすぐ取れて楽なんだもん。

とは言っても、私のようにならないように子どもたちを導かなければなりません。

一体どうしたらいいんでしょうね。

可視化で片付けやすいように

私は今でもお片付けが苦手です。
だから片付けやすいように、タンスにはそれぞれシールを貼っています。

そのシール通りに片付ければ「親子3人のTシャツがごちゃごちゃになって、着てみたら長女のだった」という事件も起きません。

ちなみにこれが私のタンス。

子どもたちも読めるようにひらがなでシールを作ってあります。
あ、作ったのは私じゃなくて「片付けられない」と嘆いていた私のために一肌脱いでくれたお友達です。
ありがとう♡

子ども部屋のおもちゃ収納も、児童館や保育園のように写真を貼ってあげて片付けやすいようにしてみようと思います。

それだけでも片付けるモチベが出てくれるといいなあ。

え?これで終わり?
結論は?
まとめは?

ライターとしてあるまじき終わり方ですが、だって子どもが片付けたくなる方法なんてわかんないんですもの!

私だって30年でようやく片付けられるようになったのに!
一人暮らししてから12年経ってようやくですよ!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!