本格稼働10ヶ月のフリーランスだけど東京でお部屋借りられたお話

シェアする

ももんがは東京に出て来るまでも色々葛藤も不安もありましたが、東京に出てきてからはさらに大きな不安に押しつぶされそうでした。

それが

フリーランスでも家を借りられるのか問題

です。

賃貸の審査って、会社員だと全く問題なくてもフリーとか個人事業主って本当に不利って言うじゃないですか。
無職の人と同列に扱われるくらい審査は厳しいという噂。
しかも私はシングルマザー。

家が借りられなければ、保育園にも入れないしお仕事もできません。
だから、もうずっとずっと不安で不安で。

けど、めでたいことに今日、希望する物件の審査が無事通過しました!!!
めでたすぎて仮住まいの近くの、恵比寿ガーデンプレイスの38階にある叙々苑で祝宴を開いてしまいました。
なんせ田舎者ですから、ザギンでスーシー的な感じで叙々苑は憧れです(笑)

祝宴ついでに、審査が通るまでの過程と方法をご紹介しますね。

1軒目家賃17万5000円、管理費8000円は撃沈

1軒目は見事に審査に落ちました。
とある中央線の駅から徒歩3分の2LDKのマンションです。
保証会社はCASA、保証人なし。

書類は、確定申告書、3ヶ月分の通帳の明細と現在の預金残高。
ちなみに昨年は7月以降に稼働したので、収入は250万弱だし所得はもっと低かったです。

だから、まあ、この家賃なら厳しいかな、と思いました。
落ち込んでも仕方がないので次の物件です。

2軒目家賃15万8000円、管理費2万5000円通過

次の物件は、中央線ですが別の駅。吉祥寺寄りの小さめの駅です。
駅から徒歩1分の3LDKの築30年経過した分譲マンション。

お家賃見て、思ったでしょ?
「ちっとも懲りてないじゃないかあああ」

だって、駅の近くがいいし商店街も欲しいし、自転車乗れる気がしないし……
これがだめだったら母子家庭専用シェアハウスかなあと考えていました。

けど、この物件が無事に本日審査通過したんです!!!
保証会社は「宅建ハトさん保証」というほのぼのとした保証会社さん。

今回は、70近い年金暮らしの老母を保証人に差し出しました
なんなら、一部上場企業に勤務している妹の旦那も差し出しますから、と不動産会社に懇願しました。

結果、人質は老母1人でいいということに。
お母様ありがとう。

なるだけ早く手続きを進めなければ、保育園の申し込みに間に合わなかったので、内覧は省略。

最短で手続きを進めたい一念でした。
けど、これがよろしくなかったんですね。

通過したけど条件付き

さて、私の必死の祈りが通じたのが、なんとか保証会社の審査は通過。
ところが、大家さんが最後まで難色を示していたみたいなんです。内覧をしていないけど大丈夫か、と。

「後から苦情を言って来るのではないか」と不安になっているというのです。

そんなこと言うもんですか。
東京に住ませてくれるならもうなんでもいいです。

と、不動産屋さんに必死にお願いして、不動産屋さんも大家さんを説得してくれて、文句を言わないよという「覚書」を取り交わすことで、審査通過です。

はあああ、良かった。
そして、半日を節約するために内覧を省略したことを反省です。
急がば回れって、本当なんですね。

けどけど結果おーらい!!!

アドバイスしてくれた皆さん、そして頑張って手続きをしてくれた不動産屋さんの爽やかなお兄さん、本当にありがとうございました!!!

今日は、お祝いってことでトップオブ恵比寿でご飯食べましたけど、これからは家も決まったことだし地に足をつけた暮らしを送ります。
恵比寿の夜景は今日が見納めかな。


月収100万円が3ヶ月続けられたら、今度はお寿司でも食べにきます。
待っててね、恵比寿♡

あ、私がしばらくして山口県や滋賀県の風景ばっかりアップして東京のことを何にも言わなくなったら家賃が払えなくなって尻尾を巻いて実家か妹の元に逃げ込んだと思ってください(笑)

そうならないように頑張ろっと。